女性の力を集めて地域の活性化に貢献します
 

理事長写真
 
 私たちアイエムアイは、「地域の人と人をつなぐ」をモットーにスタートいたしました。
 
 私は子どもの頃から社会に関心があり、いつか社会に貢献できる仕事がしたいと考えていました。しかし学生の頃は学校という社会の縮図の中で、わずらわしい人付き合いに真実を見出せず、「人づきあいって何だ?」と疑問を持ち、社会的、人との結びつきに対して反感を持っていました。
 そんなときに出会ったものが「保育」であり、「福祉」であり、「人と人のかかわり」です。それらは私の中の偏った考え方を改めさせてくれました。表面的な人間関係にうんざりしていた私も、実際に人付き合いのプロともいえる保育士という職に就き、また保育士になるまでの様々な過程を経てつかんだものは、挨拶や笑顔などの「人と人を結びつけるもの」の重要さです。
 しかし実際の福祉の現場にはいつも疑問を抱いていました。よりよい福祉を考える以前の問題にいつも悩ませられ、「だれのための仕事なのか、組織はもっとこうあるべきではないか、職場の人間関係はもっと良好であるべきではないのだろうか?」といった疑問が頭を離れず、いつの頃からか自ら起業を考えるようになっていました。
 
 こうした経験から、まずは「働きやすい明るい職場」を実現し、次に「よりよいサービス」を実現すべきだと考えています。
 また、ネットが普及している今の社会は「遠くの人」との結びつきばかりで「身近な人」との結びつきが希薄になっていると思います。これではどんどんと人と人の結びつきがなくなっていってしまうと思います。また、従来の日本のような「ご近所付き合い」では個人と個人が近すぎるプライバシーのない関係になってしまい、トラブルがおきやすいともいえます。
 しかしこれからの社会はそうであってはいけない、ネットで普及した「便利さ」、従来の日本の「あたたかさ」を利用した新しいサービスでなければならないと考えています。そんな「人と人」「市民と行政」を繋ぐ人材の育成、また、地域密着型の託児サービスなど、「女性」の力とアイデアを生かして地域活性化に貢献して行きたいと思っています。
 
                                                         北川 仁美
 
 

 

■理事長経歴■
 
昭和64年1月7日 旭川市生まれ
平成19年3月 札幌平岸高等学校 卒業
平成21年3月 光塩学園女子短期大学保育科 卒業
平成21年3月 保育士資格取得
平成21年3月 ホームヘルパー2級取得
平成21年4月 社会福祉法人札幌この実会 入職
高齢・重度の知的障害者が暮らす「第2この実寮」勤務
食事・排泄・入浴・移動などの生活支援や、日中活動や余暇活動などの企画、支援を行う。
平成21年7月 退職
平成21年8月 NPO法人自立支援センター歩歩路 入職
児童デイサービスセンター「Coco~」勤務
知的障害や、自閉症などがある子どもの療育に携わる。
音楽を使った子ども主体の遊びを企画、子どもの想いやアイデアを遊びに繋げる支援を行う。また、苦手なことにも楽しく参加できるような環境整備、苦手なことがいつの間にか克服するような自然な流れを提供することに努めるなどし、子どもの遊び心を特技に伸ばす支援を行う。
平成22年4月 退職
以後、アルバイトや資格試験の勉強をしながら起業のアイデアをあたためる。
 
平成25年4月 一般社団法人アイエムアイ設立 理事長に就任
平成25年7月 アイエムアイの保育ビジネスモデルが第一回「創造都市さっぽろ」ソーシャルビジネス事業力強化支援対象に選ばれる。
 
 
現在に至る
 
お気軽にお問い合わせ下さい